【TOEIC学習】ワーママがスタサプを使って3ヶ月で185点スコアアップした話 〜勉強時間の確保編〜

※見る人から見れば全然大した成果でなくて申し訳ありません…。温かく見守っていただければ幸いです。

こんにちは、みりんです。

この記事は、私みりんが仕事・家事・育児の合間を縫って3ヶ月間勉強に励み、結果的にTOEICのスコアが185点アップした話シリーズ第三弾、どのように勉強時間を確保したのか?ということについて、お話していきます。

バックナンバーはこちら↓

 

私は3ヶ月間、スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランを契約していたのですが、その契約期間中ずっと自分で決めた「21時間/1週間」という学習時間目標を達成していました。

スタディサプリENGLISHアプリのダッシュボード画面

パーソナルコーチにも「私が受け持つユーザーさんの中でトップクラスの勉強時間ですよ」と言っていただけた成果です。核家族で両親遠方のため、娘を祖父母に預けて休日にまとめて学習、ということは出来ず、毎日バランス良く3時間ずつ勉強に励んでいました。

ちなみに3ヶ月の勉強期間中、平日・休日各タイムスケジュールはこんな感じでした。

平日休日
05:00起床・勉強
06:00家事・身支度起床・勉強
07:00朝食・娘の身支度家事・娘の身支度・掃除
08:00娘の登園・通勤・勉強
09:00仕事買い出しや公園遊び
10:00
11:00
12:00ランチ・仮眠・勉強ランチ・娘の寝かしつけ・勉強
13:00仕事勉強
14:00
15:00娘と遊ぶ
16:00夕飯準備・家事
17:00退勤・勉強
18:00保育園お迎え・家事夕飯
19:00夕飯・入浴団らん・入浴
20:00娘寝かしつけ娘寝かしつけ
21:00就寝(早く寝てくれたら勉強
22:00勉強
23:00就寝

【平日】は朝や通勤時間、ランチタイムでしっかり勉強時間を確保。それでも1日目標の3時間に満たなかった場合は夫に寝かしつけをお願いするか、寝かしつけ後に起きて不足分を補っていました。

【休日】は、平日同様朝の時間と、娘のお昼寝タイムにまとめて時間を取ることが出来ました。週21時間の目標クリアが難しそうな場合は、休日の午前いっぱい夫から時間をもらったりして、週単位で見てなんとか帳尻を合わせたことも多々あります。

やや余談になりますが、一瞬だけショートスリーパーに憧れて一日4.5時間睡眠(23時就寝〜3時半起床)を実践しましたが、一週間に満たず中断しました(笑)朝3時半に私が起きて別室に行くことで娘が泣いてしまい、夫がそれをなだめて、二人が結果寝不足になる…ということが起こってしまったからです。ショートスリーパー、良い作戦だと思ったのですが我が家の生活スタイルには不向きでした。

いつもより早く起きたり、寝かしつけ後に頑張って起きたり、スキマ時間を全て勉強時間につぎ込んだり…自分なりに努力したのはもちろんですが、それと同様、またはそれ以上に勉強時間を確保できた大きな要因には、何よりも夫の理解・協力があってこそだったと思います。

勉強とは言え、時間の過ごし方のカテゴリーとしては、私のプライベート時間であることには変わりません。私が勉強している間、娘を見てくれたり、家事をしてくれたり、事実上夫のプライベート時間を削っていることになります。

それでも嫌な顔ひとつせず順応してくれて、応援やねぎらいの言葉までかけてくれる夫… 当時も、振り返ってみた今でも感謝の気持ちしかありません。

この夫の協力姿勢が、学習のモチベーション維持にも繋がりました。

次回は、私が3ヶ月で185点スコアアップできた最たる理由であると推測する「パーソナルコーチプラン」について、良かった点を書きたいと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です