【TOEIC学習】ワーママがスタサプを使って3ヶ月で185点スコアアップした話 〜ほぼパーソナルコーチのおかげでした。編〜

※見る人から見れば全然大した成果でなくて申し訳ありません…。温かく見守っていただければ幸いです。

こんばんは、みりんです。

この記事は、私みりんが仕事・家事・育児の合間を縫って3ヶ月間勉強に励み、結果的にTOEICのスコアが185点アップした話シリーズの第4弾、パーソナルコーチプランを契約して良かった点について書いていきたいと思います。

シリーズのバックナンバーはこちら↓

良かった点というか、初っ端から申し上げると、今回のスコアアップはほぼパーソナルコーチ(プラン)のおかげといっても過言ではありません

私自身、昔から勉強に限らず全般的に飽き性で集中力もなく、継続するのが苦手です。勉強は嫌いではなかったものの、結果に一喜一憂するタイプだったこともあり、費やした時間の割に成果に現れにくく、高校受験も大学受験も成績はずっと横ばいでした。

実はパーソナルコーチプランに加入する前から教材としてスタディサプリENGLISHは使っていました。動機編で書きましたが、教職への転職を意識し始めた頃になんとなく始めてはみたものの、持ち前のずぼらを発揮し毎日継続することが出来ませんでした。まとめて時間を取って勉強する…ということもありませんでした。

そんな状態が続いたある日、転職先として教職以外の選択肢も視野に入る出来事がありました。そこで、一定の自信を持ってとある企業に応募したところ、書類選考の時点であっけなく落とされるという苦い経験をしました…

上記エピソードについて気になる方はこちらの記事参照↓

この出来事をきっかけに、転職先が教職にしろ企業にしろ、「今の(私の)ままではまずい」と本気で危機感をもつように…

今日まで真面目に働いてきて、他社でも多少は流用できるような経験を積んできたと思っていたし、多少難はあっても希望した企業に転職できるはず…と思っていたけど必ずしもそうではない。アラサー子持ち・時短勤務というやや転職に不利な立場、かつ自身の能力にも自信が無くなり、

ましてや教師なんて、大学卒業後10年勉強していない上、最後に受けたTOEICの点数が450点(高校中級レベル)だから、中高生に英語を教えられる立場ですらない状態…

自分自身に発破をかけるには十分な出来事でした。

それでも、自分の意思の弱さ・冷めやすさは私自身が一番よく分かっていたので、鉄は熱いうちに打て、ということでほぼ衝動的にパーソナルコーチプランを契約。数万単位で自己投資にお金をかけたのは人生で初めてでした。

************

前置きが長くなってしまいました。本題に入ります。

パーソナルコーチプラン、私は3ヶ月契約を選択しましたが、実際にサービスを経験し良かった点について述べていきます。

「何だかやる気がでない」など、愚痴に近い一見どうしようもなさそうな悩み相談にも有効なアドバイスをくれる

パーソナルコーチプランを契約すると、契約期間中一緒に伴走してくださるパーソナルコーチが付きます。そのコーチとチャットが出来るのですが、英語や問題に関する質問はもちろん、学習にまつわる悩みなどにも真摯に回答してくださいます。しかも、その回答が非常に理にかなっていて感心するほど。定型文なのだとしてもAIのような機械っぽさはなく、純粋に回答が最適化されていると感じます。

独りよがりで他責傾向のある私にはとても有り難かったです。

↑お恥ずかしいのですが、私が実際にコーチに送った取り留めのない愚痴です(笑)
↑私の愚痴に対する、コーチからの回答。秀逸です!

レベルに合ったスタサプの使い方を教えてくれ、毎週課題をくれる

パーソナルコーチプランを使う前は、どこから手をつけたらいいのか分からない状態で自己流にすすめていたのですが、コーチがついてからは、まず現状把握ということで模試を受けます。

その点数や自己申告のTOEICスコアを加味して、どの教材から進めるのか・どのペースで進めるのか、という学習プランを個別に立ててもらえます。

ちなみに私の場合、模試も自己申告スコアも600点以下だったため、「基礎講座」で中学レベルの基礎をしっかりと抑えることから始めましょうとご提案いただきました。さすがに中学英語は余裕だろうと思って飛ばしていたコンテンツだったのですが、いざ始めて見ると不定詞や品詞の理解があやふやだったり、それまで知らなかった品詞の見分け方のコツなど役に立つヒントも含まれていて、一周終わった頃には一歩前進した手応えがありました。

また、進捗状況を見ながら毎週末に翌週の課題を提示してくれる点もありがたいです。自分で目標を立てて管理するよりも、他者に管理された方が遂行しやすいことは自明ですからね。

模試を受けると想定スコアを教えてくれる

パーソナルコーチプランを契約すると問題集の書籍版が送られてきます。コーチの指示に従い、それを本番の時間通りに解き、回答したマークシートを写真でチャットに送ると、実際のTOEICでどれくらいの点数が取れるのかを教えてくれます。(○〜○点という幅ではなく、きちんと5点刻みの固定の点数で教えてくれます。)

これはパーソナルコーチプランだけの特典かも…?あくまで想定スコアですし、この点数に一喜一憂しすぎるのは考えものですが、確実に学習のモチベーションに繋がっていました。

コーチの質が良い

私の担当をしてくださったコーチは、私のような学習者と同じように時間をかけて努力した経験のある方でした。コーチ自身もTOEICのハイスコアを目指す過程で、色んな学習方法を試して失敗と成功を繰り返したそうで、その分一般の人よりも少しだけ効率的な学習方法についてのアドバイスが出来ます、という姿勢の持ち主で、とても信頼できました。

コーチ自身、TOEICのスコアは900点を少し超えるあたりだそうで、まだまだ勉強中ですし知らない単語もまだまだあります、とのことでした。今思えば当たり前のことかもしれませんが、目指すところが各々違うだけで、ハイスコアの人でも同じように悩むのだなと、その時は新鮮に思ったことを覚えています。

そういった自己開示が、自分も同じ立場(努力してスコアをのばせる)になれるかもしれない、というイメージをもたせてくれたと思っています。

徹底的に伴走してくれる

パーソナルコーチプランでは、毎日コーチに対し、どの教材を・何時間何分勉強したのかを報告をします。(これは自動で生成されます)仕事における日報に似ているなと思うのですが、報告できる相手がいるということは有り難いことです。

例えばTOEICや英語に全く興味のない夫に、毎日「これだけ勉強したよ!」と報告しても、いくら優しい夫でも徐々に疲れてしまうのが想像できますからね… 自分と同じくらい興味をもって自分の成果を確認してくれる人がいることは心強いですし、学習継続の動機にもなります。

個別指導ならではですが、気になることがあったら【すぐにその場で】【気軽に】質問ができる点も良かったです。

今まで継続が苦手だった私が最後まで走りきり、一定の成果を出せたのはこの徹底的な伴走のおかげだったと惜しげもなく言えます。この場を借りてコーチへ、ありがとうございました。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です